ABCから簡単な会話まで
母音発音を丁寧に教えてくださいます。
普通では知られていない曲のエピソード等も教えて頂けます。


☆講 師 大野修平

  プロフィール
    日本におけるフランス語の権威。通訳。
    1952年東京に生まれる。立教大学文学部フランス語学科卒業。
    1978年それまでの仕事をやめ、シャンソンの道に入る。
    レコード会社各社からフランス人アーティストの歌詞通訳を始め、
    同年11月ジルベールべコー日本ツアーで通訳初仕事。後、3回のツアー通訳も務める。
    今までに通訳を務めたアーティストは数知れず。主だったものをあげると
    1980 「パリのお嬢さん」で有名なジャクリーヌ・フランソワ
    1982 東京音楽祭参加のエルベール・レオナール
    1991 シャルル・アズナブール
    1992 ヴォーカルグループTSF、シルヴィ・ヴァルタン
    1999 ジョルジュ・ムスタキ
    1990 三越文化センターで、シャンソン講座「シャンソンのベル・エポック」を開講、
    現在も、銀座産経学園おとな塾にて同講座を継続中。
    シャンソン評論家として講演、執筆など、幅広く活動中。

・毎月第2・第4月曜日 14:00〜(2時間)

・グループレッスンになります。1レッスン・・・¥3000

・毎月第1木曜日 19:30〜21:00


・グループレッスンになります。1レッスン・・・¥4000


※今後の課題曲



・Que Reste-T-ll De Nos Amours?(残されし恋には)
・Les feuilles mortes(枯葉)
・Mon manege a moi(私の回転木馬)
・lln'ya plus d’apres(あとには何もない)
・Amsterdam(アムステルダム)
・Ne me quitte pas(行かないで)
・La Chanson des vieux Amants(懐かしき恋人の歌)

´
´
´
☆大野修平氏のシャンソンで学ぶフランス語